団子鼻を治す方法とマッサージについて

あるデータによれば、顔の部位で美容整形したいのは鼻が第3位ということです。もっと鼻を高くしたい、あるいはもっと鼻をスラッとしたい、などというように鼻の形で悩んでいる人は結構多くいます。

団子鼻を治す方法としては、最も効果的なものが美容整形手術です。しかし、美容整形手術は、費用が高いため、誰でも簡単にできるものではありません。そのため、まずは費用をかけないで、自分で可能なことから始めてみるのもいいでしょう。

鼻は軟骨できているので、マッサージを気長に行っていくことによって軟骨の形が変わっていって、鼻の形もそのうちに変えられます。

だんご鼻の要因

蝶の羽根のような形の大鼻翼軟骨という軟骨が、鼻の先端には芯として2枚左右に入っており、この上は皮膚と脂肪で覆われています。では、どうして団子鼻になるのでしょうか?

団子鼻ということで悩んでいる人も多くいるでしょう。では、鼻の先端がスッと外人のようになっているのは、どのようなところが違っているのでしょうか?

・遺伝による影響

親が団子鼻になっている場合には、子供も遺伝して団子鼻になる可能性が大きくなります。

・鼻の先端に厚い皮下脂肪がある

鼻翼軟骨の上に厚い皮下脂肪があるため、よく団子鼻になります。

・鼻翼軟骨が左右に離れている

鼻の先端は、鼻翼軟骨がくっつくほど小さく細くなります。逆に、鼻翼軟骨が左右に離れて広がっているほど、団子鼻になる場合が多くなります。

・皮膚が硬く厚い

団子鼻は、皮膚がわずかに厚いだけでもよく強調されるようになります。例えば、薄い布をなだらかな山にかける場合と、厚い毛布のような布をかける場合では、鼻の丸さは後者の方が強調されます。

なお、団子鼻のタイプとしては、ほとんどの場合が鼻先の先端が幅広いものと、鼻の先端の中央が膨らんだものに分類されます。鼻の先端の中央が膨らんだタイプは、日本人に多いものです。

整形はしたくないが気になる人は?

整形はしたくないが、実際に整形した場合はどうなるか気になるのではないでしょうか。施術や考え方がクリニックによって違っていますが、ここでは、だいたい団子鼻の整形はどのような感じかご紹介しましょう。では、どのようにして団子鼻を治すのでしょうか?

クリニックによって施術する方法は違っていますが、鼻翼軟骨の余分なものを薄くしたり、切除したりして縫い合わせたり、皮下脂肪の余分なものを除去したりする場合が多くあります。鼻の先端が鼻の根元が低いので目立つ場合には、プロテーゼ挿入やヒアルロン酸注射をする場合もあります。

では、傷跡は目につくのでしょうか?ほとんどの場合、縫合や切開を鼻の内側から行うため、傷跡も目につくことはありません。しかし、ギブスでしばらくの間固定するため、これは目につきます。

約60分の施術で、局所麻酔、通院が1回でできるようです。しかし、他の人にも分かるし、費用もかかるし、鼻の形が将来崩れるかもしれない、と思うと心配でしょう。できれば、団子鼻を自分の力で治すことができるといいでしょう。

鼻の軟骨は自力でも変えられる

では、整形以外で、何とか団子鼻を治すのはできないのでしょうか?実際には、整形の他にも団子鼻を治す方法があります。先にご紹介した鼻翼軟骨は、圧力をちょっとずつ加えることによって、変えることができます。当然ですが、力があまり強すぎる場合には駄目です。

・鼻の筋肉を鍛える

まず、細く鼻の穴がなっていることを鏡で確認します。次に、広く鼻の穴がなっていることを確認します。100回程度このような動作を繰り返します。

他の人がいるところではできないでしょうが、一人の場合には道具も要らないし、いつでもできます。鼻の先端の脂肪も、鼻の筋肉を鍛えることによってなくなってくるでしょう。

・鼻をマッサージする

鼻をマッサージする一つの方法についてご紹介しましょう。鼻の皮膚を引っ張るようにして鼻の下を伸ばして突っ張って、鼻の先端の脂肪があるようなところに指を当て、上下に指を動かしながら、10回程度マッサージを行います。鼻をマッサージするもう一つの方法についてご紹介しましょう。人差し指を両方曲げて、鼻の先端を第二関節のところで両脇から挟んで、軽い力でトントンと叩きます。人差し指を両方曲げた状態で、この指で2秒程度小鼻に圧力を加えます。

上にちょっと移動して、2秒程度同じように圧力を加えます。鼻の先端を人差し指と親指の指先で挟んで、マッサージをクルクルと行います。小鼻を人差し指と親指で挟んで、小鼻、眉間、中間まで引っ張って鼻をつまんで上げるようにします。

・団子鼻を治す器具

先にご紹介したような鼻の筋肉を鍛える方法や鼻をマッサージする方法以外に、団子鼻を治したり鼻を高くしたりするために効果がある市販のグッズもあります。頬の皮膚は、鼻を強い力でつまむため引っ張られるような感じがするでしょう。

肌が乾燥している場合には、突っ張るため、肌の保湿を十分に行ってから試してみましょう。身近にある洗濯ばさみでもいいですが、皮膚が強くない場合は腫れてしまう場合もあるため、専用のグッズの方がいいでしょう。

団子鼻を治す筋肉緊張法

1.くちびるをタコみたいに思いっ切り突き出し、その時の鼻の形を覚える。 もしくは、鼻をすすった時の鼻の形を覚えるのでも可。

2.鼻をひくひく動かせる人は、くちびるを元に戻して(普通の状態にする)

3.その鼻の形をキープ。 鼻をすすった時の鼻の形をキープするのでも可。

4.3の鼻の形を、普段から意識して暇さえあればやってみる。

これを毎日、人と顔合わす時意外にキープします。また、 どんな表情の時でも「鼻に筋が1本通っている状態」を常に意識して鼻全体と小鼻の周りの筋肉に力を入れるイメージです。

また、鼻の穴を小さくする方法として、常に意識的に「鼻の穴が小さくなるように小さくなるように」と筋肉に力を入れる。 それが難しい場合は、常に「鼻の穴が小さくなった自分」をイメージする。
(これを繰り返すことで徐々に鼻の筋肉が「鼻の穴が小さくなるように」 と働くようになる。)