整形無しで鼻筋を通す方法

外国の人のように鼻筋がスッと通っている綺麗な顔にあこがれている女性はかなり多いですが、元々あまり鼻が高く無い方などは自分の鼻筋を通す方法は美容皮膚科クリニックなどで受ける整形施術しか無いのではと諦めている方も少なくありません。

でも、顔にメスを入れるのがいやだ・・・という人も少なくありません。金額も結構値段がはるので、手が出ない、という人も少なくなく、整形してもとても不自然になってしまうこともあります。そのため、自力で鼻を高くするには、整形なしでできるにこしたことはないということです。

自力で鼻筋を通すことができるか、というと、もちろん可能です。鼻筋とは鼻の鼻根、鼻背、鼻尖、サイドの小鼻で構成されており、鼻自体は体の中でも柔らかい軟骨で出来ている特徴がありますので、毎日しっかり鼻筋を通すマッサージを自分で定期的に行うだけで整形無しで綺麗な高い鼻を手に入れることが可能になるのです。

そこで自宅で行う方法としておすすめなのが、テレビやパソコンなどを見ている時に出来る簡単マッサージです。まず鼻筋を通すのに効果的だとされている『両目の目頭に両手の人差し指を添えるようにして、その指をそのまま鼻背の脇を通しながら小鼻まで人差し指を降ろす』動きを優しく行います。

この時のポイントとしておさえておきたいのが鼻筋を浮き立たせるためには、指で鼻背を刺激する時は鼻骨の付け根を強めに押すようにすることです。 ただ無理に力を入れると肌を傷める恐れがありますので、無理の無い程度で自分がマッサージをして気持ちいいと感じる程度の強さでケアを行うようにしましょう。

マッサージのコツ

このマッサージをする際に鼻骨の付け根に人差し指をもぐりこませて、正面に向かって押し上げる感じをイメージすると初心者でも簡単に鼻筋マッサージを行えます。また鼻のコンプレックスを抱えている方に多いのが、小鼻が大きく鼻自体が大きく見えてしまうことです。

鼻は顔のポイントとなるパーツですから、小鼻を小さくして鼻を高くすることで小顔効果も期待することが出来るようになります。そのためにも先に行ったマッサージと一緒に、『小鼻を片側の手の親指と人差し指でつまみ、正面に向かって軽くひっぱりマッサージ』も行うようにするとより高い鼻筋に仕上げることが出来るようになります。このマッサージをする際のポイントは無理に力を入れると鼻尖に肉が盛り上がってしまう原因となりますので、まず鼻尖ごと小鼻をつまむようにするか、鼻尖をつまむ動作と交互に行うようにすると効果的にケアが出来ます。

整形無しで鼻筋を通す2つのマッサージ方法

この2つのマッサージは時間の空いた時や、お風呂の時間などにゆっくり行うとより効果的です。肌が濡れていない時にマッサージをすると肌を摩擦してしまう恐れがありますので、肌にダメージを与えないようにするためにもフェイススクリームなどを適量指や肌に乗せて優しくマッサージしておくと皮膚が柔らかくなり、お手入れがしやすくなりますのでおすすめです。

この基本的なお手入れをベースに取り入れておくのと、取り入れておかないのでは美容効果に大きな違いがでてきますので、鼻筋を通すマッサージを始めようと思っている場合にはまずスキンケアを念入りに行い、肌のコンディションも一緒に改善するように心がけることで高い美容効果を与えることが出来るようになります。

 また鼻筋を通すマッサージを行う上で、顔の印象を変えたいと思っている場合には鼻のマッサージと一緒にフェイスラインのマッサージを行うことでより鼻筋が目立つ小顔になることが出来ます。お手入れ方法はとても簡単で、鼻の周りの筋肉を思いっきり目の方へ持ち上げると同時に、鼻の下を伸ばすなど表情筋のトレーニングを行うだけです。

表情筋のトレーニング

表情筋は年齢を重ねると段々筋肉が衰えて肌のたるみの原因になってしまうので、年齢よりも老けた印象になってしまう恐れがあります。フェイスラインをたるませずにシャープな印象を保つためにもこまめに鏡の前で表情筋トレーニングを行うようにしましょう。このトレーニングはどの場所でも行えますが、どうしても顔の筋肉をしっかり動かす運動をするのでひどい顔になってしまう恐れがあります。周りに知られて恥ずかしいと感じる方が多いと思うので、出来るだけ自宅で時間が取れた時に行うようにしましょう。

朝と夜にメイクの前にマッサージと表情筋トレーニングを行えば5分もかかりませんし、何より顔をしっかり動かすことで顔の血行も良くなり、お肌にハリが出て来るなど相乗効果も得られますのでメイクのりがよくなったり、顔のリフトアップなども期待することが出来ますので意識してケアを行うようにすることが大切になります。

リスクもある?鼻たたき

自分の希望する鼻筋を手に入れるために、多くの方が取り入れている方法の一つに『鼻たたき』があります。これは鼻根、鼻背をこれでもかというほど叩く方法なので、痛い思いを支度方にはおすすめできませんが、実は鼻の軟骨はある程度の力を込めて叩くようにすると激を与えると成長を促すことが簡単にできる特徴があります。

眼鏡などをしている方は鼻あてが当たると鼻の形が変わった経験をしたことがあると言われていますが、あれも長時間かけて軟骨の形が変化した状態なので、鼻筋を通すためにもある程度力を入れて軟骨を変化させることも美容ケアのためには必要となります。