整形なしで鼻を高くする方法をまとめました

鏡を見るごとに、鼻がもっと高いといいのにというような悩みで、ため息をつくようなこともあるのではないでしょうか。国内においても、最近は日常的に欧米人を目にするようになって、自分の顔立ちとカッコいいシュッとした彼女たちを比較するチャンスも多くなってきました。

メイクで肌の色や目の大きさなどは変えられますが、鼻の高さについては仕方がないと諦めている人もいるでしょう。ここでは、整形なしで鼻を高くするための方法についてご紹介しましょう。鼻の形は、継続して取り組むことによって変わってくるため、無理をしないで試してみましょう。

日本人のほとんどは鼻が低い

欧米人に比較して日本人のほとんどは、鼻が低いと言われています。この理由は、鼻の根元のところの発達が関係しているためです。 「鼻パッド」というしっかりメガネの位置を固定するためのものは、日本で考えられたものと言われています。

しかし、実際には、ヨーロッパ人の宣教師がもともと使っていたメガネが、日本人の鼻に合わなくてずり落ちるため、考え出されたものです。ヨーロッパ人のように鼻筋がしっかりしていれば、鼻パッドなどは必要ありません。

また、日本人に多くあるのが、団子鼻という鼻の先が丸くなっているもので、鼻が高く見えない一つの要因になっています。この理由としては、厚い鼻の皮下脂肪があること、鼻の軟骨が左右に広がっている鼻翼軟骨であることが挙げられます。

しかし、鼻の根元のところの高さと団子鼻は、毎日取り組みすると治すことができるため、整形なしで自分の力で鼻を高くすることができます。

整形なしで鼻を高くする方法

では、整形なしで本当に鼻を高くすることができるのでしょうか?ここでは、コツコツと毎日継続することによって、整形なしで鼻を高くする方法についてご紹介しましょう。

・鼻の歪みを取る

鼻が歪んでいる場合は、脂肪が溜まる程度が違ってきたり、左右でバランスが悪くなったりします。また、軟骨の形を歪んだまま整えると形が綺麗にならないため、まずは鼻の歪みを取るエクササイズからスタートしましょう。

両方の手の人差し指を使用して鼻をはさんで、鼻周りを軽く回したりしてほぐします。人差し指と親指を使用して鼻をつまみます。力を入れ過ぎた場合には歪む要因になるため、マッサージは軽い力で行うことがポイントになります。

・鼻を高くするツボを押す

鼻を高くするツボは、「印堂」と言われており、眉間の付近にあります。指で押さえた場合にいい気持ちになるところが印堂で、ゆっくりと押します。印堂を押す方法としては、薬指や中指を使って力を入れ過ぎないように押さえ、押さえ終わるとスッと指を髪の生え際まで滑らせます。

このツボは鼻づまりや鼻炎に対しても効果が期待できると言われており、鼻の通りがスッキリとなる効果も期待できます。

・軟骨の成長を軽く叩いて促す

軟骨は柔らかいため、少しずつ毎日刺激することによって鼻の軟骨の成長を促したり、形そのものを整えたりする方法も効果が期待できます。

方法としては、力を入れ過ぎないように薬指を使用して、鼻の根元の固い骨の箇所から下まで鼻筋を通って叩き下ろし、下までくれば根元の箇所にまた指を置いて叩き下ろします。この場合は、非常に軽く触る程度の力で叩くように注意しましょう。

・鼻の脂肪を取る方法

自分で鼻を動かすことは困難であり、脂肪がついた場合には取ることがなかなかできにくい部位です。効果はすぐに期待できませんが、積極的に鼻を動かすことで筋肉が刺激され、少しずつ脂肪が少なくなるエクササイズを行いましょう。

方法としては、鼻の穴がつぶれる程度に息を大きく吸い込む、あるいはそれが難しい場合は、鼻の穴を指でつまんで潰して、このまま維持するように息を吸う、息を何度か吸い込んで、優しく鼻の脇をマッサージします。

エクササイズを血液の流れが悪い状態で行うのは効果があまり期待できないので、最もいいタイミングはお風呂上がりの体が温まっている場合です。このタイミングであれば、軟骨もよく動くようになっているため負担をあまりかけないでエクササイズができます。

しかし、マッサージをしたり、鼻を叩いたりする場合は、肌が乾かないように注意しましょう。摩擦が少なくなるように、皮膚のダメージを防止するためには手にクリームなどを塗って行うといいでしょう。

・鼻を高くするグッズを利用する

軟骨は、ある程度自分でも形を整えることができます。毎日のエクササイズ以外に、鼻を高くするグッズを一緒に使って効果をアップすることができます。 鼻に水が入らないように、シンクロナイズドスイミングの選手がノーズクリップで小鼻の辺りを挟んでいるでしょう。

このような選手がノーズクリップを取り外した後でも、綺麗なスッとした鼻の形を維持しているため、効果が鼻の形を整えるためにノーズクリップは期待できるのではないかと着目されています。ノーズクリップの代わりに、洗濯バサミを使う人も多くいます。しかし、つまむところが大きすぎたり、強すぎる挟む力であったり、鼻に波状の形がついたりするなど、なかなかベストな状態にならないということがあります。

一方、ノーズクリップの場合は鼻をつまむための専用のものであるため、負担が少なく、15分~30分くらい1日につけた状態にしておくのみでいいため、気軽にスタートできます。しかし、そのまま寝たり、長い時間つけた状態にしたりすると、痛みが出てきたり、炎症が鼻に生じたりする場合もあるため注意しましょう。

ノーズクリップは使いたくないという場合は、鼻テープがおすすめです。この鼻テープは、鼻に寝る前に貼るものです。顔の筋肉が鼻テープによって刺激され、表情筋なども全体的に鍛えられる以外に、横に広がった鼻や丸い鼻に貼ることによって鼻の形が軟骨を締めつけるために整います。鼻テープは、専用のジェルを使用して朝起きた時に剥がします。

・エクササイズで鼻を高くする方法

鼻のみを高くするのは、なかなか効果が体感できなかったり、時間もかかったりするため、鼻が高くなるエクササイズを継続しながら、工夫をこれ以外の箇所で行うことによってより早く鼻が高くなる方法も一緒に行いましょう。

むくんだ顔になっていると、鼻がその丸みに埋もれて低く見えるため、鼻の輪郭がスッキリ顔にさせることによってはっきりとして、鼻が自然に高くなるようにしましょう。ここでは、頬がたるんでいるのを引き上げて、鼻がスッキリなるエクササイズについてご紹介しましょう。

むくんだ顔をなくすエクササイズの方法としては、頬がパンパンになるまで、ゆっくりと口の中に空気を溜める、10秒間最もふくらんだ状態を維持する。今度は頬が内側に引っ付くまで空気を少しずつ抜く、内側に頬が凹むところまで空気を抜くと10秒間維持する、元にゆっくり戻す、というような動作を3回行います。

お風呂上がりのように、皮膚が柔らかい時期が効果的です。 鎖骨から首回りに溜まった老廃物を無くすことによって、スッキリと顔全体をさせましょう。

老廃物を無くすリンパマッサージの方法としては、骨を顎の下から通ってゆっくり耳の根元まで撫で上げる、鎖骨の中央に首を通って撫で下す、鎖骨の上にある凹んだところを通って、指を肩の方へ滑らせます。この場合、大きな摩擦が皮膚に生じないようにクリームやマッサージオイルなどを手に塗っておきましょう。

焦らないで時間をじっくりとかける

整形なしで鼻を高くするためには、やはり時間がかかり、早く高くしたくてやり過ぎれば、鼻が歪んだり鼻が大きくなったりする場合もあり得ます。焦らないで、まずは長期的な観点から鼻を楽しみながら高くする方法に取り組みましょう。