鼻を高くする話題の方法「みやび法について」

「ミヤビ法」という言葉が、ネットを見ているとよく出てくるのではないでしょうか。ミヤビ法というのは、鼻骨をつまみあげて、隙間を骨と骨の間に作るようにする方法です。医学的に証明されたものではないでしょうが、鼻がこのミヤビ法によって高くなった人は結構多くいるようです。

鼻骨が鼻叩きで成長するため、ミヤビ法によってその分のスペースを作れば効果が期待できると言われています。さらに、ミヤビ法だけでも大きな効果が期待できるようです。ミヤビ法についていろいろ調べてみると、鼻叩きよりもミヤビ法の方が効果が期待できるかもしれません。ミヤビ法は、高い鼻になるのみでなく鼻の形もきれいになり、さらに目の形も変わった人が多くいます。

なぜミヤビ法で鼻を高くすることができるのか

鼻は生まれた時から持っているものであるため、形や高さは変えることができないと考えがちです。しかし、実際には、意外と簡単に鼻の形や高さは変えることができます。生まれた時から低い普通の形をした鼻の人は、10年程度前にアレルギー鼻炎を発症して、毎日鼻水に苦しんでいたそうです。

鼻をかむ時につまむため、高い鼻になるのではないかとちょっと期待していたところ、ふとある日鏡を見てみると鼻の形がなんとなく変わってきたそうです。

高い鼻になったというよりも、むしろ、団子鼻のように大きくなって、先端が丸くなったそうです。悪いことに、鼻の形が良くない方に変わったようです。このようなことから、鼻の形はいい方に方法によっては変わるということになります。鼻の骨は、実際に年齢とは無関係に成長するそうです。

このようなことから、簡単に鼻の形は変わるので、ミヤビ法の場合には十分に注意しましょう。ここでは、ミヤビ法を行う方法と注意することについてご紹介しましょう。ボコっとしたところが、1cmほど目と目の間から下がった付近にあります。

 

ミヤビ法のやり方

分かりやすいのは、ノーズシャドウを入れるところを触る方法です。このボコっとしたところを持ち上げるようにします。そのため、この骨をつまみあげたり、下へちょっと下がった柔らかいところから引き上げたりします。イメージとしては、割合強く、骨から引き剥がす感じで引き上げます。このようなことを、5分~10分毎日行うのみです。

なお、場所がよく分からない場合は、高くしたい小鼻より上のところをつまみ上げるようにしましょう。つまむ時にティッシュを使った場合には、よく滑るため難しくなります。もし片方の手で難しい場合は、両方の指を使うと力がよく入ります。

ミヤビ法の場合に注意することは、やり過ぎないようにする、異常があった場合にはすぐに止める、絶対に小鼻は触らない、鏡で初めは確認する、ことが挙げられます。あまりやり過ぎると、擦れて痛くなってくるため注意しましょう。鼻を挟む時は、シワが別のところへいっていないか、小鼻を触っていないか、鏡を見てチェックしましょう。毎日行うようになるため、方法を間違わないようにしましょう。

小鼻をつまんだ場合には、鼻が大きくなったり、鼻の先端が丸くなったりするため、触らないようにしましょう。鼻を高くしたい場合には、このようなミヤビ法がおすすめです。